トップ / 印刷物の3つの工程とは

データ入稿

印刷物ができるまでの流れ

印刷物ができるまでの流れは、大きく3つの工程に分けられます。最初がプリプレス工程です。原稿を元にDTPデータを作成し、実際に刷る用紙に対応した大きさに各ページを付け合わせる面付けという処理をして製版用のデータを作ります。そのデータを版に出力する刷版までがプリプレス工程となります。次が、実際に印刷機を動かして刷るプレス工程です。最後がポストプレス工程となります。刷り上がった用紙は仕上がり寸法よりも何倍も大きく、余白も含まれています。完成品とするには、これを断裁したり、折ったりする加工が必要となります。ページ物では、丁合、綴じ、三方断ちといった製本作業によって冊子に仕上げていきます。その他、ラミネート加工や箔押しなどの特殊加工もポストプレス工程に含まれます。

カタログが出来るまでの流れ

本やカタログはどのような流れで印刷されるのでしょうか。まず本やカタログの内容が決定したならデーターを業者に送ります。それからどのように紙を用いるか、インクを使うかを話し合いながら決めます。ファッション雑誌やカタログはとくに良質の紙と発色がいいことが求められます。良質のインクは時の経過に耐えることができ、いつまでも色あせることがありません。また繰り返しめくってもやぶれることがありません。そうして紙とインクが決定したなら、何回もテストを重ねて印刷します。そうして読者の手元にとどきます。日本のプリンター技術のレベルは高く世界でも有名です。

↑PAGE TOP