トップ / 印刷のデータの受け渡し

データ入稿

印刷データの入稿方法について

印刷物のデータを渡す方法は、複数存在しています。まず第1に直接、相手の担当者に渡す方法があります。顔なじみのスタッフが居るならば、その方法が最も早く、更にコスト面でお得です。第2に、郵送でデータを渡す手段があり、近年ではこの方法が主流となりました。地方や都心部に関係なく郵送すれば、迅速に印刷会社にデータを入稿出来ますので、プライベートやビジネス問わず便利なスタイルです。また昨今、利用者が増えているのが第3の方法であるメール等によるネット経由の入稿です。PDFや画像データをアップロードまたはメール添付等で送付すればお金も掛からず、迅速に相手のスタッフに受け渡せます。

データ入稿はネット経由でも可能

漫画やアニメのイベントに向けて、データを作成する人々が増えました。クリエイティブなツールが安くなった今、誰でも気軽にアニメ絵やイラストを発表、印刷出来ます。ただ家庭用のプリンタでは、なかなか思い通りの仕上がりにはなりません。いわゆる大手のサークルや個人の有名クリエイターは必ずプロの印刷会社に依頼を出しています。その方が返ってコストが安く、単価的にもお得になるのです。データでの入稿を受け付けてくれる業者も多く、ドロー系ソフトのデータやペイント系ソフトのデータを直接送信すれば、入稿作業は完了します。多忙な方にはそういったネット系サービスが便利です。

↑PAGE TOP